外科治療の向上と優秀な 外科医 を育成する
一般社団法人京都大学外科交流センター
11:00~18:00(月〜金)

【セミナー開催】第8回 京都 肝胆膵 外科 カンファレンス

京都 肝胆膵 外科 カンファレンスの開催が決定いたしました。

平素は京都大学外科交流センターへのご支援に心よりお礼申し上げます。

さて肝胆膵 外科領域は、高い技術や豊富な知識が要求される外科領域であります。

この度、肝胆膵外科領域での「知識」・「手技」向上を目的とした「第8回 京都 肝胆膵 外科 カンファレンス」を開催することとなりましたので、ご報告申し上げます。

京都 肝胆膵 外科 カンファレンス ご挨拶

第8回京都肝胆膵外科カンファレンス(以下、本研究会)を、2019年10月19日(土)に、
京都駅近郊にて開催させて頂くことになりました。本研究会開催にあたりご挨拶申し上げます。

本研究会の第1回を2012年10月に開催させて頂いてから、大変多くの先生方にお集まりいただき、改めて本領域研究の関心の高さを実感いたしました。

今回は、特別講演に名古屋大学 江畑 智希先生をお招きし、本領域発展をさらに前進させたいと考えております。

肝胆膵外科領域は高度な技術・経験・知識が要求される専門性の高い外科領域であります。

私たちは日常の多忙な診療の中でいろんな困難なことに遭遇しますが、
本研究会では肝胆膵外科のあるべき姿を求めて真摯な学術的な議論を交わしたいと考えております。

例年同様、本研究会は肝胆膵外科領域だけではなく、移植外科領域も含めており、当科が担当する全ての領域をカバーしており、私どもがお世話する研究会としては初めての企画となります。

今回のプログラムの特徴といたしましては【肝・胆道】、【膵臓】、【肝移植】の3領域に分けて、一般講演・ビデオセッションの2つのプログラムで進行します。

一般演題では、臨床・基礎を問わず演題を募集しますので、若手を中心に幅広い応募をお待ちしています。また、ビデオセッションでは、「私の手術」として、中堅以上の外科医による手術手技を供覧していただきたいと存じます。

手技の工夫など、ご自身の手術経験について奮ってご発表いただければ幸いです。なお、演題多数の際は次回以降の発表とさせていただく場合もありますので、あらかじめご了承ください。

運営方法や演題募集に関して、また全領域を網羅した研究会でもあることから不安な点もありますが、
当科関連病院の先生方からご応募頂く演題をもとに、教室員一同万全の準備をしてお待ちしたく存じております。

晩秋の候、京都の地で皆様にお会いできることを楽しみにいたしております。

  • 京都肝胆膵外科カンファレンス 代表世話人
  • 京都大学 肝胆膵・移植外科
  • 教授 上本伸二

演題募集

一般演題として「臨床研究」や「症例報告」を以下内容に基づいて募集致します。

多くの先生方に御応募頂きますようお願い申し上げます。

一般演題

  • 【肝・胆道】【膵臓】【移植】
    ※各領域:臨床・基礎問わず

ビデオセッション

  • 【肝・胆道】【膵臓】【移植】

演題登録期限

京都 肝胆膵 外科 カンファレンス開催日時

  • 日 時:令和元年10月 19日(土)14:00~
  • 会 場:京都タワーホテル

京都 肝胆膵 外科