外科治療の向上と優秀な 外科医 を育成する
一般社団法人京都大学外科交流センター
11:00~18:00(月〜金)

外科交流センター について

京都大学外科交流センター は、2006年3月に有限責任中間法人として京都大学外科学講座によって立ち上げられました。

その後、京都大学外科交流センター は、2010年に一般社団法人となり、3つの理念で外科治療の向上と優秀な外科医を育成する事を目的に活動してまいりました。

一、互いに連携し、外科診療・外科学の向上と外科医の育成に努める

京都大学外科学講座とその関連施設で、外科後期研修医に対する共通の研修プログラムを作成・運用し、若手外科医の養成を支援しています。また、会報誌を発行し、各会員施設の症例数や学術業績などを集計・公開することにより、互いに切磋琢磨し、向上を目指す環境を醸成しています。

二、諸活動を通じて地域医療の振興に寄与する

若手外科医に対して、関連施設の特徴・診療内容・実績などを紹介する機会を数多く設けて、各自のキャリアパスを形成する支援を行っています。

三、会員の親睦を深め、情報を共有し、相互扶助のもとキャリアパス形成を支援する

数多くの研究会やセミナーを主催・後援しています。さらに、手術動画を含む発表内容を一部、京都大学外科交流センターのホームページの会員専用サイトで閲覧可能となっており、センター会員としてのメリットを享受できます。

外科交流センター は、京都大学外科に関わる全ての仲間と力を合わせ、 未来に向かって新しい外科を展開して行きたいと考えています。

京都大学 外科交流センター 組織構成

理事長挨拶・役員名簿など、京都大学 外科交流センター 組織構成についてご紹介いたします。

 

 

京都大学 外科交流センター へのご入会

当京都大学外科交流センターの目的・趣旨に賛同いただける方なら個人、団体または法人を問わずどなたでもお申し込みいただけます。