外科治療の向上と優秀な 外科医 を育成する
一般社団法人京都大学外科交流センター
11:00~18:00(月〜金)

京都大学 外科学講座 のご紹介

京都大学 肝胆膵・移植外科

京都大学 肝胆膵・移植外科では、肝臓、胆道、膵臓の悪性および良性疾患を対象として、外科手術と癌の集学的治療を行っています。進行癌に対しても、これまでに培った手術手技と研究成果に裏打ちされた基盤の上に手術適応の拡大に取り組んでいます。

また当科では、肝臓移植の手術手技ができる技術力の高い外科医、未来の医療を目指した研究者、そして何よりも日常診療においては患者に寄り添う謙虚な医師を目標に後身育成に取り組んでおります。

京都大学

京都大学 消化管外科

京都大学 消化管外科では、消化管癌(食道癌、胃癌、大腸癌)や消化管間質腫瘍(GIST)などの悪性疾患、および炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)やアカラシアなどの良性疾患の臨床・研究・教育を行っています。

内視鏡手術ばかりでなくロボット支援手術の導入により、従来の開腹・開胸手術と比較して体壁破壊の減少と、より高い手術精度による侵襲度の低減が可能となりました。

手術治療ばかりでなく、癌の分子生物学的研究や臨床研究から得られた知見をもとに、個人に応じた副作用の少ない集学的治療を選択し治療成績の向上を目指しています。

京都大学

 

京都大学 乳腺外科

京都大学 乳腺外科では、乳癌に罹った女性が社会的活動や家庭における役割を損なうことなく活躍できるように、また豊かな人生設計を立てることができるように乳癌予防や治療の最適化と低侵襲化、新しい診断方法・治療法の開発、個別化治療のためのシステム構築を目指し、各専門科との連携をとりながら診断から治療まで一貫した次世代型医療を行うための基盤研究を行っています。

京都大学