外科治療の向上と優秀な 外科医 を育成する
一般社団法人京都大学外科交流センター
11:00~18:00(月〜金)

【ご連絡】新型 コロナウイルス (COVID-19)に対する 取り組み

新型 コロナウイルス (COVID-19)に対する 取り組み

謹啓
春暖の候、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は京都大学外科交流センターへの格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、本年1月下旬頃から世界中に広がりだした、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)は、益々感染拡大の勢いを増し、欧米を中心に各国で医療崩壊が進んでおります。

日本でも、爆発的な感染拡大の危機を迎えており、まさに医療崩壊の瀬戸際の状態にございます。京都大学外科関連施設ならびに京都大学外科交流センター会員の先生方におかれましては、日夜最前線での医療従事に心より御礼申し上げます。

この未曽有の感染症の影響下で、京都大学外科交流センターの活動も制限されており、多くの先生方には不安な思いをさせてしまい遺憾に堪えません。
そこで当センターでは、各京大外科関連施設ならびに会員同士の情報共有が何よりも重要と考え「新型コロナウイルス(COVID-19)に対する取り組み」として以下の取り組みを行っております。

  • 1、各京都大学外科関連施設の手術予定情報の共有
  • 2、当センターが保有する情報の提供
  • 3、希望者とのWEBによる面談

まさに日本そして全世界が、試練の時を迎えておりますが、このような時こそ交流センター内の結束を重要と考えております。
各京大外科関連施設ならびに会員の先生方におかれましては、ぜひとも京都大学外科交流センターを中心として、情報を共有し外科学の発展ならびに若手外科医の指導・育成に、引き続きご協力いただけますと幸甚です。

末筆ではございますが、先生方ならびに各施設スタッフのご健勝とご多幸を祈念しております。

謹白

2020年4月16日

(一社)京都大学外科交流センター
理事長 岡村隆仁

新型コロナウイルス(COVID-19)に対する取り組み

現在、京都大学外科交流センターは、京都大学外科学教室(肝胆膵・移植外科/小児外科、消化管外科、乳腺外科)65施設の京大外科関連施設で構成されております。

京都大学外科学教室ならびに京都大学外科交流センターが中心となり、情報を共有することで新型コロナウイルス(COVID-19)による、緊急時に対応できると考えております。

各京都大学外科関連施設の「手術受け入れ予定状況」の共有

コロナウイルス 取り組み

京都大学外科交流センターでは、各施設の「手術受け入れ予定状況」をリアルタイムに更新・共有することで、緊急を要する事態の際に速やかに対応できる関連施設が紹介できるように準備しております。

なお「手術受け入れ予定状況」は、各京大外科関連施設の外科代表者のみ開示されております。

また京都大学外科交流センター会員の先生方で「手術受け入れ予定状況」情報を必要とされるている場合は、当センターまでご連絡いただければ必要に応じて情報を提供させていただきます。

当センターが保有する情報の提供

コロナウイルス 取り組み

京都大学外科交流センターでは、過去のセミナー、各京大外科関連施設の手術症例数、さらに京都大学外科専門研修プログラムおよび全国の京大外科関連グループ プログラムの情報を保有しております。

詳しい情報の提供を希望される先生方におかれましては、会員に限らず外科医もしくは外科医を目指しておられる研修医であれば情報を提供することが出来ます。

 

希望者とのWEBによる面談

コロナウイルス 取り組み

現在、京都大学附属病院はじめ各病院では、感染防止による「病院見学」が禁止されています。

しかしながら、次年度より専攻医また外科スタッフとして、異動を考えておられる先生方にとって、異動希望先の施設情報を知ることは非常に重要と考えております。

そこで当センターでは、希望者にはWEBによる面談の機会を設け、希望する異動先の施設外科代表者に直接相談することが出来るようにしております。

WEB面談であれば、感染のリスクのみならず、時間・場所関係なく行うことが出来ます。
面談を希望される先生方は、京都大学外科交流センターまで「WEB面談希望」の旨と「施設名」をお知らせください。

各情報提供のお問い合わせ先

各情報の提供に関しては、京都大学外科交流センターまでお問い合わせください。
できるだけ迅速に返答するように心がけております。