2018年01月17日
【外科医ってどうですか?】交流センター座談会

 

ご挨拶

謹啓
 
 新春の候、先生方におかれましては、時下ますますご清祥の段、お慶び申し上げます。平素は京都大学外科交流センターへのご支援に、厚く御礼申し上げます。
 
 さて、京都大学外科交流センターではこれまで、外科治療の向上と優秀な外科医を育成するため数々のセミナーや研究会を主催・共催してまいりました。
 
seminar.jpg
主催・共催セミナーの様子

減少する外科医

 しかしながら、治療の根治性において外科医の果たす役割は大きいにも関わらず、外科医の人数は減少しており厳しい状況が続いております。
 
surgery.jpg.png
上図参照:医師・歯科医師・薬剤師調査の概況(厚生労働省)

ナゼ外科医を選択しないのか? 

 年々進む外科医離れ、その不安要素の一つとしてあげられているのが「労働環境」です。2017年10月日本外科学会による「全国外科医仕事と生活の質調査」には以下の報告が行われていました。
 
roudou1.jpg
上図参照:国外科医仕事と生活の質調査(日本外科学会)
 
roudou2.jpg
 上記の日本外科学会の調査から、かなりの労働時間や当直回数を行う外科医もいます。しかし同調査の2007年より「労働環境」は少しずつ改善が見られています。
 
 また、同調査票には『男子学生に外科医を勧めるか?』の設問があり、勧めない「7,7%」勧める「55.9%」と、圧倒的に外科医を勧める割合が多いという興味深い報告が掲載されています。
左図参照:
国外科医仕事と生活の質調査(日本外科学会)

外科医の魅力ってナニ?

 さて京都大学外科交流センターでは、外科医に対する不安要素を少しでも解消して頂けるように、医学生や研修医の皆さんを主な対象とした「京都大学外科交流センター座談会~先輩外科医に聞いてみよう~」を開催することとなりました。

 
 
 本座談会では、現役の先輩外科医にご参加いただき、日常の業務や外科医の魅力について正直に語っていただきます。

 

 また、本会を開催するため、「日本から外科医がいなくなることを憂い行動する会」にご共催頂いており、同会が編集する「君が外科医になる日」を希望される医学生、初期研修医の先生方にプレセントさせてい頂きます。(冊数に限りがございます。) 
 
 外科医になりたい!外科ってどんなところ?など、少しでも外科に興味がある医学生・初期研修医の先生方、是非ともご参加願います。
 
謹白
 

開催について

日時:2018年3月4日(日)13:00~受付

会場:ホテルグランヴィア京都 栄華の間

案内:http://www.kyoto-u-sa.or.jp/news/images/zadankai.jpg

参加費:無料

参加申込:https://questant.jp/q/4MR7HCVO

※当日、ビュッフェスタイルでのお食事を準備しております。外科に関心のある方お誘いの上でご参加下さい!

一覧へ戻る

PAGE TOP